万引き対策等による商品ロスを防止する私服による店内保安警備の専門会社株式会社 日本保安(千葉県千葉市中央区)

コラム一覧はこちら

 2022/02/01
社長の独り言

 新型コロナウイルスの予防接種3回目を千葉市の集団接種会場にて受けて来ました。
受付の検温、問診票の確認、医師の問診、予防接種、待機時間など会場には適切に人員が
配置され国家として予防接種に取り組んでいるのだと改めて感じました。

 秩序正しく順番に性別・年齢など関係なく、沢山の方々が協力し合っている事に私達の
日本は凄い国だと感心している自分がおりました。
 新型コロナウイルスに感染したくない、業務に支障を来たしたくないなど強く思います。
しかし、いつ誰が感染してもおかしくない状況にある事も事実です。
現在は徐々にですが感染者数は減少傾向に転じつつあるようです。
「ウイズコロナ」の言葉通りに警戒をしながら生活していかなくてはならないのでしょうか?
以前の様に「マスク」を外して会話ができる日が来るのでしょうか?
 マスク無しで皆が明るく会話でき、大切な日々を満喫できる日が来ることを切望します。

 2022/01/15
社長の独り言

2022年を迎え、新型コロナウイルスも落ち着いてくるのか?と期待をしていましたが
全く逆にオミクロン株なるものの感染が始まり感染力が強く今迄に無く、感染者が増加し
ています。

今年は大丈夫なのか?などと安易に思っていた自分の甘さを反省しています。

外部環境が逆境の中、社内の対応を変えて行かなければならないと考えております。

「今迄と同じことをやっていて明日が良くなると思う事が狂気である」と何かの本で読んだ
記憶があります。思った通りの結果が出せない時に良い結果を出すためには創意工夫が必要
です。

新たな事への挑戦は「知らない」「分からない」「やったことが無い」など「できない理由」を探してしまいます。「どうしたらできるのか?」を考え「やれる方法」を工夫するしかな
いのです。

未知の分野に足を踏み入れることは「一種の恐怖心」との闘いの部分もあります。

保安警備を専業に30年を過ぎ、神様が与えてくれた試練を社員の皆と乗り越え、更に社会
に貢献し、強く逞しい会社となり今年を新たな飛躍に年にしたいと思っております。

 2021/12/01
社長の独り言

 80年前、真珠湾攻撃が行われ戦争へ突入したとラジオ放送で聞き、海上航空自衛官の父より、小学一年の頃に贈られた本「ゼロ戦と戦艦大和」を思い出しました。

成人し靖国神社の参拝、広島原爆ドーム、大和ミュージアムなども拝見しました。

太平洋戦争(米国が名付けた名称、戦時下の日本では大東亜戦争)は1941年12月から1945年8月まで続き多くの犠牲者を出しました。この戦争で亡くなった日本人は310万人と言われ、その9割が1944年以降に亡くなったと推算されるそうです。

2008年9月現在確認されている特攻隊戦没者数、海軍2531名、陸軍1689名、関連戦没者を合わせると14009名(ウィキベテア)もの方がおります。

現在、平和を享受しておりますが、予科練を知らない次世代と一緒に平和記念館などの見学も大切な事だと感じています。

 2021/11/01
社長の独り言

 第18期を迎えた最初の月、我が社は盛り沢山の挑戦から始まりました。

 グループ企業の協力・指導の下、建築現場の交通誘導業務を開始しました。

 セコムジャスティク様のご協力の下、制服による臨時警備等のお仕事を承りました。

 若手幹部を中心に主力業務の提案力を強化すべく、NPO法人全国万引犯罪防止機構のロス対策士を4名が受験合格できました。

 また進化する顔認証システムを活用した新たな保安警備・科学保安の講習会が日本万引防止システム協会(JEAS)主催で開催され、19名が受講合格しました。

 新型コロナウイルスの感染者も徐々に確実に少なくなり、決して油断はできませんが、経済も徐々に復活する事を願います。

 新たな時代へ向け、グループの社章も改訂され、次世代へ向けた飛躍の基盤を築けるように皆様と共に精進して参ります。

 2021/10/04
社長の独り言

 皆様のお力添えのお陰で我が社は10月より第18期を迎えることができました。

 経営環境は厳しく、新型コロナウイルス感染予防対策・緊急事態宣言などの影響で契約休止が複数の店舗で発生しました。

 私服警備専門企業として万引対策を事業の主力として参りましたが、警備業の基本である「人の生命・身体・財産を守る」警備全般へ業態変更する必要性に迫られました。

 幸いな事に我が社スタッフは新型コロナウイルスに負けず元気に勤務しております。

 元気なスタッフと共に私服警備を主力事業に据え、ノウハウを活かし、日本万引防止システム協会が推奨する顔認識システムを活用した科学保安の開発、そして警備全般に対応できるように地固めを実施します。

 厳しい時だからこそ未来・将来へ向けて新たな挑戦が自分達の道を切り拓くことができると信じて皆と共に邁進して参ります。

 2021/09/04
社長の独り言

 

 暑かった今年の夏は何処へ行ったのか?

9月に入ると急に秋の気配になりました。

 今年の夏はオリンピック、高校野球、更にパラリンピックとスポーツイベントが目白押しでした。多くの感動を与えてくれた選手や関係者に心から感謝申し上げます。

新型コロナウイルスの影響で反対や賛成などの意見が交わされ、無観客となりました。

半世紀ぶりの地元東京オリンピックを見たかったと思う人は多かったことでしょう。

 しかし、今年は新型コロナウイルスの影響で多くの人が集まると感染リスクが高まる。

変異株などの感染力の強いウイルスが発見され、自宅からテレビ観戦を余儀なくされましたが、テレビは多くの競技をアップで見ることができ大いに楽しめました。

 選手達の活躍や笑顔を見ると開催され本当に良かったのだと実感しました。

 開催を決断された方々の心境・心労は大変だったことでしょう。

本当にありがとうございます。

心から感謝申し上げます。

 2021/08/08
社長の独り言

皆様のお陰で私は先日還暦を無事迎えることができました。皆様に感謝しつつも還暦の意味を良く知らず、調べてみました。

十干十二支(じっかんじゅうにし)干支(えと)で年齢を数えると、60年で一巡し、数え年の61歳で最初の干支に戻る。

それでこの数え年61歳を還暦もしくは本卦(ほんけ)還りといって祝う。

華甲(かこう)ともいい「華」の字を分解すると六つの“十”と“一”になり、「甲」は甲子(きのえね)で最初の干支であるため。再び赤ん坊に返るということで、赤い頭巾や「ちゃんちゃんこ」、座布団などを贈る風習がある。古来日本で行われていた長寿の祝は古希からで、還暦が祝われるようになったのは江戸時代からだそうです。

言葉の意味を少し理解し、残りの人生を多少なりとも社会や会社の後輩達に役立てる様に意識し、日々精進して参ります。

 2021/08/02
社長の独り言

私は先月末、新型コロナウイルスのワクチン接種二回目が終了しました。

副反応は翌日に少し腕?注射した肩の部分が少し痛む程度で何事もありませんでした。

副反応は人により様々で我が社のスタッフには2~3日不調だった人もいました。

ワクチン接種後、2~3週間で効果が効き始めるとドクターから説明を受けました。

しかし、感染者と濃厚接触になる状況となった場合は二週間程度の様子見が必要で社会生活に支障が出る事も知らされました。

予防効果は半年程度とのことで再度の接種が必要になるのか?と心配になりました。

8月に入り、子供達のワクチン接種予約を取ろうと努力しましたが予約が一杯で最短でも9月中旬が精一杯でした。

若者の感染が多いと言われますが、若者が予防接種を受けたくても、受けられない現状があると痛感しました。

 2021/06/08
社長の独り言

 先日、長年お世話になってAEDもご購入頂いた歯科に通院しました。

駅前の立地で道路向いにある居酒屋さんが「休業」しているのに気付きました。

コロナウイルス感染予防対策でアルコール提供店舗は休業を要請されている?20時迄は営業して良い?恥ずかしながら私は詳細を存じ上げません。

 新聞では過去の倒産件数より下回っているとの記事を見かけます。救済政策の賜物!

しかし、これからはどうなるのでしょう?

お客様は戻って来てくれるのでしょうか?資金繰りは大丈夫なのでしょうか?

 小さな町の小さな居酒屋で笑顔が溢れている店舗で、仕事帰りのサラリーマンなどの憩いの場所だった様に見受けられました。

 居酒屋さんに限らず、お酒、野菜、魚、お肉等の仕入先は?業種は異なりますが、日本の経済が心配になりました。

 百年に一度の生命と経済の危機を迎え我が日本経済は耐える事ができるのかしら?

戦後復興を遂げた我が国は、今般の新型コロナウイルス危機も力強く乗り超えられる!頑張れ!日本!負けるな!私達!

 2021/06/06
社長の独り言

 先日、工業会日本万引防止システム協会の令和3年度通常総会に出席しました。

第1部は稲本会長の挨拶、議案決議、感謝状贈呈、認定個人情報保護団体、顔認証システム制度、科学警備講習会、JEASメルマガ、ロス対策士試験等も報告されました。

第2部は記念講演や来賓挨拶があり、全国万引犯罪防止機構副理事長樋口氏は警視総監時代のオウム平田被告出頭の逸話を話して下さり、この後防犯カメラ画像が捜査に活用され社会認知風潮になったそうです。

現在、小売業店舗にて大量盗難による損失被害の防止は難しく、本協会の顔認証システム制度を活用した科学警備が被害防止に役立ち社会貢献したいと考えています。

大量盗難被害防止の自衛対策には顔認証と科学警備が必要だと社会認知される時代になることを切望します。

経営コンサルタントによるスタッフ教育

弊社の提案する店舗の利益改善

PageTop▲

セミナー

セミナー

店長、リーダースタッフ向けに利益改善をテーマとした集合教育を行います。60~90分程度のコンパクトな設計をしているため、店長会議の一部等での実施に有効です。事前に商品特性や、店舗特性等、御要望に合わせ実践を重視た内容にカスタマイズいたします。基本料金プランは1開催につき10万円(消費税別途)です。※同一コンテンツでの別途開催には割引がございます。

セミナー開催の流れ

PageTop▲

階層別研修

階層別研修

店長、リーダー、中堅社員、新入社員など経験キャリアに合わせて、利益改善の為の研修を行います。1回あたり、半日~1日でプログラムをカスタマイズしていきます。開店時スタッフへの利益創出のための教育にも活用可能です。料金プランは実施規模別に応相談となります。

PageTop▲

店舗スタッフ教育【1日1問1答式教育システム】

日々、店舗を営業している小売業では人員配置が重要であるため、店舗スタッフ全員に集合教育をおこなうのは難しいのが現状です。この問題を解決するため、クイズ型の教育システムをご用意しました。

ポイント

1.スタッフ全員を教育したい
安価なWEBシステムを利用することで使用規模に応じプランを最適化し、コスト負担を抑えて、教育を浸透定着させることができます。

2.1日1問1答で毎日コツコツ
1日2~3分程度で回答可能な問題を、出勤の都度コツコツ繰り返すことで基本事項や徹底事項の定着浸透を図ります。月10問を繰り返し、翌月は新たな10問に取り組みます。各社毎のルールや決め事に合わせて問題をカスタマイズしますので実践的な教育が可能です。

3.セミナーとの併用がおすすめ
セミナーで店長、リーダーに伝えた内容を問題に反映させることで、店全体で実行したい施策を全員に周知することができます。月末に簡単なミニテストを行うなどの工夫をすると、更に効果が高まります。

基本料金プラン

1.人数無制限型
15人同時利用可能(15アカウント発行)条件で月15万円(消費税抜)から利用が可能です。利用登録人数に制限はありませんので人数が多い場合に有効です。
 例)15店舗で各店1アカウントで利用→1店舗月1万円(消費税抜)
   30店舗利用で2店舗1アカウントで利用→1店舗月5千円(消費税抜)

2.人数限定型
テスト利用時や、利用規模が小さい際に適している安価なコースです。10人月5万円(税抜き)から承ることが可能です。 ※詳細につきましいては、利用規模に合わせ最適プランを作成し、お見積りをいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

お試し利用

無料でのサンプル画面の確認や、安価なお試し利用も可能です。ご説明に伺いますのでお気軽にお問合せください。

image-05

基本編~売場つくりの基本について、なぜそうなのかを学んでいきます

【問題サンプル】

1日1問1答式 教育システム【問題サンプル】

上級編~売場指導者向けに、売場作りの「何故」をより論理的に学びます

上級者向けは、売場作りの「何故」についてより論理的に迫ります。住器の横幅半分がベストポジションではなく、裏側の住器を含めて通路幅がどのくらい必要なのかを計算する力を身につけよりお客様の支持を得る事ができる「買物しやすい売場作り」を計画し、実践する力を高めます。

【問題サンプル】

1日1問1答式 教育システム【問題サンプル】

PageTop▲

コンテンツのご案内~【利益改善の7STEP】

店舗の利益改善を目的としたコンテンツをご用意しています。貴社の状況・要望に合わせカスタマイズいたします。まずはお気軽にお声掛けください。

STEP1.商品ロス対策~品減り対策は利益直結~

平素の値下げ販売や廃棄とは別に、期末棚卸時に発生する商品ロス。1つは外部犯行による万引き、2つめは在庫数量が合致しないケースや、原材料が減耗しているケースなど様々な商品管理上のロス、3つめは。また店内ルールの不備や不徹底による内部要因です。いずれも店舗の利益を直撃し店の命運を左右します。お店のメンバー1人1人にその意味を伝え、お店の利益をしっかりと創出し、営業を継続することで、地域生活を支えている事の理解を促し必要なアクションを浸透させていきます。

STEP2.単品管理と相乗積~お店の利益は計算するもの~

IT化の促進に伴い、POSデータを使って仕事をする環境が整ってきているのではないでしょうか?一方でPOSデータを正しく使用することができているでしょうか?ともすると商品Aが昨日◯個うれたから◯個発注をしよう・・・といったように売筋発見器または、売上数の売上金額・数量を把握する機能として使用していることはありませんか?今は世界中で使われるようになった単品管理を正しく理解すると、前述のようなデータ活用方法は間違っている(正確にいえばもったいない)使い方であることがわかります。特に、売場での販売計画立案の実務担当者にお勧めのコンテンツです。

STEP3.行動科学で店作り~お客様を店全体へ誘導する~

お客様の立場に立ってお店つくりをしよう…言うのは簡単ですが実はなかなか実行は難しいことです。なぜならばお客様の立場とか、お客様目線とかいう言葉は主観的で定性的だからです。人によって思っていることや、感じることが異なるため、下手をするとお客様感覚ではなく、上長の感性に委ねるようなケースも発生します。このコンテンツでは5感の中で最も重要な、「視覚」を中心に人間の行動の法則や習性を学び売場作りに活かしていきます。お客様が視覚的に認識しやすい基礎を作り、単品の打ち出しは仕上げと位置付けます。お客様にとって「見やすく、わかりやすく、買いやすい」売場作りの基本をお伝えします。

STEP4.データを使った店舗運営~POSの正しい使い方~

リアル店舗は、ネットと異なり一定の面積の中で運用しなければなりません。限られた経営資源である売場は、すみずみまで有効利用することが重要です。一方で一等地、二等地といった売れる場所とそうでない場所が存在します。そのため売れる場所に力が偏って注がれ、そうでない場所にはなかなか力が入らない・・・といったケースも目にします。お店全体を使って生産性を高める為にはすみずみまで使い切るための販売計画の立案が重要です。上手くデータを活用して生産性の向上につなげます。

STEP5.自店の特性の明確化~競合店の数値化で特性検証~

お店の戦略を立てるためにはマーケットの分析が重要です。重要な三つの要素の1つめは「お客様情報」です。地域のお客様の情報のことで、国勢調査結果や市区町村で取得することができるデモグラフィック(定量)データや、地域特性などのサイコグラフィック(定性)データなどが代表例です。2つめは「自社情報」です。自分達の品揃えやお店の面積、設備、売上、利益などが代表例です。3つめは「競合情報」です。アイテム別の品揃えの幅、扱い単価の幅、商品量の奥行きなどが通例でしょう。一方で直接比較が感覚的になりやすいのが戦略面です。どの商品群を攻めていて何で差別化しようとしているのか?自分達の店は◯◯で特化しているつもりだが、実際にお客様に認知されているのか?競合状況を数値化し具体的に比較する方法をお伝えします。

STEP6.権限委譲でスタッフ活性化~販売計画立案~

お店のメンバ-1人1人にいかにして力を発揮してもらうか・・・ 店舗運営において非常に重要な要素でありますが、個々の能力差もあり、属人的になりやすいの傾向があります。重要なのは売場つくりのどの階層が決まっていることで、どの階層からが自分達が考えることなのかを明確化することです。店長クラスのメンバー向けに各店でどこで線引きするのがベストなのかを考え、実践を支援します。

STEP7.お店の特徴をお客様へ発信~販促・プロモーション~

理想を言えば、「地域のお客様からこう想われたい!」というイメージをお持ちですか?ここまでに自店の運営方法を考え、競合の分析もしてきたなかで、「このポイント自分たちの強みだ!」とか、「ここが良い所」だと打ち出したいというポイントが明確になっている筈です。そこをいかにして伝えていくか?伝わる形になっているかを確認していきます。運営側の思いが伝われば、お店のファンはどんどん増えていきます。

PageTop▲