万引き対策等による商品ロスを防止する私服による店内保安警備の専門会社株式会社 日本保安(千葉県千葉市中央区)

コラム一覧はこちら

 2023/10/23
社長の独り言

 我が社は皆様にお力添えいただいたおかげで10月より第20期を迎えることができました。

現在ご契約先は、神奈川県、東京都、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県に

約80社、約400店舗あり、各店の万引被害防止に努め、約90名の社員が頑張っています。

 万引は、人に気付かれないように行われ、万引犯人と犯行が分かり難いのが特徴です。

保安警備は各店舗にて発生する万引犯人を捜し出し、万引犯行を現認し、現行犯逮捕を

法的根拠に任意同行・現行犯逮捕するなど専門の知識と技能が必要な業務になります。

 

 代表取締役を拝命し10年、経営に影響する外部要因(コロナ、最賃、有給など)と内部

要因(社員の待遇改善と育成など)、事業領域(保安警備と顔識別機能付きカメラ併用)等

様々な課題に直面し、対応(変化・進化)して行かなければなりません。

 

 小売業の不明ロス削減(売上-仕入-販管費=利益-万引被害)は利益に直結します。

小売業の万引被害を防止する専門企業として次世代へ継承し、小売業へ貢献するため

今後も「トライアンドエラー(試行錯誤)」と「挑戦」を実践して参ります。

 2023/08/13
社長の独り言

 2023・令和5年8月は、78年前300万人を超える戦没者を出した終戦の月です。

平和な時代に生まれたこと、当然のように平和を享受できることに心から感謝しています。

今の時代に警備業を通して「人の生命・身体・財産を守る」ことに務めております。

 先人達は戦後の焼け野原から大変なご苦労をなさって我が国と経済を立て直しました。

その中で流通革命を起こしたペガサスクラブにより日本の小売業は大きく発展しています。

昨今の小売業では、セルフ販売方式を悪用した商品の万引・盗難被害が増加傾向です。

 店舗の万引・盗難被害を防止するために防犯カメラや防犯機器(タグやゲート)などや私服による店内保安警備(警備業の中では稀です)が導入され、盗難防止に努めています。

 日本万引防止システム協会(JEAS)には科学保安(顔識別機能付きカメラと保安警備の連携)プロジェクトがあり、私はリーダーとして同協会が推奨する機種の活用に協力しています。

NPO法人全国万引犯罪防止機構(万防)では、米国のロスプリベンションを参考に日本向けのロス対策士検定試験を創出(に我が社は協力)し、小売業のロス対策に貢献しています。

小売業の商品ロス削減と利益率向上に貢献し、科学保安という新たなビジネスモデルを創出し、次世代へ成長事業として継承したいと考えております。

 2023/07/09
社長の独り言

 2023・令和5年7月を迎え、暑さが強まる季節・大雨災害の警戒時期でもあります。
熱中症やコロナ感染対策を油断することなく、各自が警戒するための周知徹底が必要です。
「人の生命・身体・財産を守る」警備業従事者が自身を熱中症から守って頂きたい!

本年10月より、皆様のお力添えがあり、我が社は第20期を迎えます。
創業期のスタッフから次世代メンバーへの転換期です。「企業は人なり」の言葉通り、
会社を支え、会社を磨いて行く一人一人の社員を採用・育成する事が「存続と成長」になる
と考え取り組んでいます。

ご契約先へ過度な負担を強いることなく、利益率を改善し、高収益のビジネスモデルを構築し、社員、株主を中心にステークホルダーへ還元・貢献できる企業体質を構築したい!

「狂気とは同じ行動を繰り返しながら違う結果を望むこと」(アインシュタイン)。
「不易流行」(いつまでも変わらない本質的な物を大切にしながらも、新しい変化も取り入れる)を参考に、ご契約先や社会に貢献し、社員が元気に輝け、社員・株主に還元できる良い会社を目指します。

 2023/01/09
社長の独り言

我が社は、昨年10月より第19期、そして2023年・令和5年を無事に迎えることができました。

ご契約先、社員、株主、仕入先、大学、専門学校、高校、自衛隊、関連各団体など含めた皆様にお力添えを頂いたお陰です。我が社を代表し、皆様に心から感謝申し上げます。

昨年を振り返りますと新型コロナウイルスの影響を受け前半の業績は大変厳しい状況でした。

夏の終わり頃、以前私が取締役を務めたマスタリー警備関連会社の閉鎖に伴い、ご契約先の継承と保安員の転籍により、業績好転の兆しに恵まれました。次世代へ向けた「顔認証システムと併用する保安警備:科学保安」に協業企業様と取り組み実績も残せました。インターンシップも多数の学生にご参加頂き、各大学の発表会に出席し、参加学生の希望や要望等もお伺いできました。

良い会社にするためには、良い社長になる必要があり、自己研鑽は必須条件です。

良い社長とは、ご契約先に喜んで頂ける商品やサービスを提供でき、社会貢献になり、働く社員が幸せで、高収益の会社にすることだと考え、自己研鑽と改善に取り組みます。

グループの経営理念(概要:勝敗損得だけでなく、正しさを追求し、長期計画を持ち事に当たる)を実践する為、昨年末3年ビジネス日誌を購入、準備しました。第30期へ向けて直近の3年間を考え、方針を説明、役割を分担、協力を得て確実に実践できる始まりの年にします。

 2022/12/01
社長の独り言

先日、日本万引防止システム協会第二回科学保安講習会の司会を務めさせて頂きました。

同協会推奨(高性能な)顔認証システムを活用し、効果的かつ安全に保安業務を遂行(分析や会議報告も含め)できるようになり、同協会ホームページ認定個人情報保護団体の各冊子を完全理解して頂くことを目指した講習会です。

 顔認証システムの導入には、個人情報保護法などを遵守し、安全な運用管理に加え来店者などの関係者の理解を得る対応が必要になります。

 開催には同協会会長をはじめ会員企業の皆様のご尽力とご協力頂いた導入企業様や報道各社、受講者の小売業や警備関係者などのお陰で円滑にできましたこと感謝しております。

回数を重ねる毎に理解が深まり、進化する顔認証を活用し、社会の安全安心に貢献し、効果的かつ効率的に店舗の商品ロス削減に役立ちたいと考えております。

 翌日には千葉経済大学のインターンシップ報告会に参加し、我が社参加学生の素晴らしい発表を聞かせて頂きました。同報告会は多数の企業が参加しており、各社の発表を聞いた後、参加企業による優秀報告の投票が行われ、我が社の参加学生が最優秀報告に選ばれました。

最近の若者は!などと思いがちですが素晴らしい!学生がいることを再認識しました。

 2022/11/01
社長の独り言

先日、「強盗殺人未遂、銃砲刀剣類所持等取締法違反」の裁判を傍聴させて頂きました。
この仕事を始め30年を超え、自社の社員・仲間が被害者の事件傍聴は初めてでした。

彼は前職時代から共に保安警備の仕事を行って約30年の経験を持っております。
百貨店の屋上などのヒーローショーでも活躍している人物でもあります。
裁判を傍聴し、彼の証言を聞いていると本当に保安員の鑑、ヒーローだと感じました。
万引犯行の現認から犯人への声のかけ方や対応、店舗の商品ロスを防ぐために商品回収を
優先していた事、受傷後の対処など、傍聴していると思わず涙がこぼれてきました。
通りかかった勇気ある男性が応援して下さったそうです。本当にありがとうございました。

 

我が社では、年間二千人以上の万引犯人の対応をします。今まで6万人以上の万引犯人を
対応した計算になりますが、今回のような事案は初めてのことです。
二度と発生しないよう保安警備専門企業として「再発防止の教育」に取組んでおります。
万引被害に苦しむ(利益率減少要因)店舗の万引犯人の捕捉は8割以上が保安員です。

今後も保安員の仲間達と店舗の安全安心に貢献するため、共に歩んで行きます。

 2022/10/01
社長の独り言

皆様にお力添えいただいたおかげで我が社は第19期をスタートすることができます。

創業から振り返りますと株主のご出資、ご契約先のご発注、スタッフの協力と仕入先も含めた皆様の力添えを頂きました。また先月は私の出身企業を円満に吸収させて頂き、コロナの影響を回避できる状況になりました。ご協力賜りました皆様に心から感謝申し上げます。

守成期の我が社は関係団体・企業のお力添えと技術をお借りしながら保安警備を進化させようと取組んでおり、社内の体制も次世代へ向けた組織力の強化を目指しております。

大学、専門学校、高校、自衛隊などの就職部門の方々に応援を願い、人材採用と育成にも力を注いで参ります。「企業は人なり」の言葉を胸に人が育つ環境を目指したいと思います。

昨今経営環境の変化は著しく、様々な企業で利益創出が難しい時期だと思われます。

第11期より代表取締役社長に就任し、今日を迎え省みて自身を変えることにより「変化へ対応」し、「経営理念」を実践したいと考えております。

人と会社が共に育つ・成長できる環境・企業を目指し、精進します。

 2022/09/01
社長の独り言

本日は「防災の日」です。1923年9月1日の関東大震災がもとで制定されました。
「備えあれば患いなし」の言葉通り、慌てない心構えと備蓄品なども必要です。

企業も同様に危機管理が必要です。変化する外部環境に適応しなければ生き残れません。
ステークホルダーのためにも正しく勝ち残らなければならないと考えます。
私が以前勤務していた保安警備専門企業が8月末日、約35年の歴史に幕を閉じました。
同社代表者が我が社へ相談に来られ、双方にて協力し、ご契約先への警備業務の継続と
約20名の社員の転籍がスムーズに実施する事ができました。

 我が社は10月より第19期を無事に迎えることができました。

企業を取り巻く環境は常に変化し、想定に無い事案もありますが、ご契約先に貢献し、
社員の生活を守り、株主や仕入先など含め、責任を果たせるように常に努力します。

次世代の育成と新たな保安警備のサービス:科学保安の開発に向け挑戦しております。

 2022/08/01
社長の独り言

今年も夏がやってきました!相変わらず!?驚くほどの熱気を帯びて訪れました。
熱中症に十分注意する必要がありますが、冷房にかける電力への配慮も必要です。

落ち着いて来たはずの新型コロナウイルスが第7波の感染状況を迎えております。
信じられない程の勢いで感染者数が増加しています。

最近の夏は気温が30~35℃を超える日が当たり前のようになってきました。
地球温暖化の影響だと思われ、年間約500人の方が熱中症で亡くなっているそうです。

平和な時代に新しい病気の脅威で人の命が奪われる。今から77年前には戦争で原爆を落と
され多くの方が亡くなり、様々な場所で多くの軍人、軍属、民間人が命を落としました。

日本の人口統計では約300万人の方が亡くなっております。
大切な命が病気や戦争、暴力などによって失われる事が無い事を心から祈ります。

 2022/07/01
社長の独り言

我が社は17年前、平成17年5月に株式会社トスネットの出資を受け創業しました。
同年7月1日より各店舗へ保安員が勤務を開始し、第18期を迎えております。

当時は保安員7名と本部員3名で事務所を借り、机を揃えスタートした会社です。
徐々に保安経験者などが集まり、ご契約先も増え今では神奈川、東京、千葉、埼玉、茨城
を中心に、群馬、栃木、山梨の約400店舗の万引防止と店内安全確保に貢献しています。

 

第11期に代表取締役社長を拝命
 経営者として未熟ですが、社会へ貢献でき、小売業の万引被害防止と安全確保に我が社
 が役立つことを願い精進して参りました。

NPO法人全国万引犯罪防止機構に加盟し、ロス対策士の資格委員会に参加させて頂き店舗
の商品ロス発生要因と原因、防止対策に貢献したいと活動しています。

日本万引防止システム協会へも会員として参加し、顔認証システムを活用する科学保安の
プロジェクトリーダーを拝命させていただき、次世代スタッフに残せる財産・ビジネスモ
デルの創出に取り組んでおります。

経営コンサルタントによるスタッフ教育

弊社の提案する店舗の利益改善

PageTop▲

セミナー

セミナー

店長、リーダースタッフ向けに利益改善をテーマとした集合教育を行います。60~90分程度のコンパクトな設計をしているため、店長会議の一部等での実施に有効です。事前に商品特性や、店舗特性等、御要望に合わせ実践を重視た内容にカスタマイズいたします。基本料金プランは1開催につき10万円(消費税別途)です。※同一コンテンツでの別途開催には割引がございます。

セミナー開催の流れ

PageTop▲

階層別研修

階層別研修

店長、リーダー、中堅社員、新入社員など経験キャリアに合わせて、利益改善の為の研修を行います。1回あたり、半日~1日でプログラムをカスタマイズしていきます。開店時スタッフへの利益創出のための教育にも活用可能です。料金プランは実施規模別に応相談となります。

PageTop▲

店舗スタッフ教育【1日1問1答式教育システム】

日々、店舗を営業している小売業では人員配置が重要であるため、店舗スタッフ全員に集合教育をおこなうのは難しいのが現状です。この問題を解決するため、クイズ型の教育システムをご用意しました。

ポイント

1.スタッフ全員を教育したい
安価なWEBシステムを利用することで使用規模に応じプランを最適化し、コスト負担を抑えて、教育を浸透定着させることができます。

2.1日1問1答で毎日コツコツ
1日2~3分程度で回答可能な問題を、出勤の都度コツコツ繰り返すことで基本事項や徹底事項の定着浸透を図ります。月10問を繰り返し、翌月は新たな10問に取り組みます。各社毎のルールや決め事に合わせて問題をカスタマイズしますので実践的な教育が可能です。

3.セミナーとの併用がおすすめ
セミナーで店長、リーダーに伝えた内容を問題に反映させることで、店全体で実行したい施策を全員に周知することができます。月末に簡単なミニテストを行うなどの工夫をすると、更に効果が高まります。

基本料金プラン

1.人数無制限型
15人同時利用可能(15アカウント発行)条件で月15万円(消費税抜)から利用が可能です。利用登録人数に制限はありませんので人数が多い場合に有効です。
 例)15店舗で各店1アカウントで利用→1店舗月1万円(消費税抜)
   30店舗利用で2店舗1アカウントで利用→1店舗月5千円(消費税抜)

2.人数限定型
テスト利用時や、利用規模が小さい際に適している安価なコースです。10人月5万円(税抜き)から承ることが可能です。 ※詳細につきましいては、利用規模に合わせ最適プランを作成し、お見積りをいたしますのでお気軽にお問い合わせください。

お試し利用

無料でのサンプル画面の確認や、安価なお試し利用も可能です。ご説明に伺いますのでお気軽にお問合せください。

image-05

基本編~売場つくりの基本について、なぜそうなのかを学んでいきます

【問題サンプル】

1日1問1答式 教育システム【問題サンプル】

上級編~売場指導者向けに、売場作りの「何故」をより論理的に学びます

上級者向けは、売場作りの「何故」についてより論理的に迫ります。住器の横幅半分がベストポジションではなく、裏側の住器を含めて通路幅がどのくらい必要なのかを計算する力を身につけよりお客様の支持を得る事ができる「買物しやすい売場作り」を計画し、実践する力を高めます。

【問題サンプル】

1日1問1答式 教育システム【問題サンプル】

PageTop▲

コンテンツのご案内~【利益改善の7STEP】

店舗の利益改善を目的としたコンテンツをご用意しています。貴社の状況・要望に合わせカスタマイズいたします。まずはお気軽にお声掛けください。

STEP1.商品ロス対策~品減り対策は利益直結~

平素の値下げ販売や廃棄とは別に、期末棚卸時に発生する商品ロス。1つは外部犯行による万引き、2つめは在庫数量が合致しないケースや、原材料が減耗しているケースなど様々な商品管理上のロス、3つめは。また店内ルールの不備や不徹底による内部要因です。いずれも店舗の利益を直撃し店の命運を左右します。お店のメンバー1人1人にその意味を伝え、お店の利益をしっかりと創出し、営業を継続することで、地域生活を支えている事の理解を促し必要なアクションを浸透させていきます。

STEP2.単品管理と相乗積~お店の利益は計算するもの~

IT化の促進に伴い、POSデータを使って仕事をする環境が整ってきているのではないでしょうか?一方でPOSデータを正しく使用することができているでしょうか?ともすると商品Aが昨日◯個うれたから◯個発注をしよう・・・といったように売筋発見器または、売上数の売上金額・数量を把握する機能として使用していることはありませんか?今は世界中で使われるようになった単品管理を正しく理解すると、前述のようなデータ活用方法は間違っている(正確にいえばもったいない)使い方であることがわかります。特に、売場での販売計画立案の実務担当者にお勧めのコンテンツです。

STEP3.行動科学で店作り~お客様を店全体へ誘導する~

お客様の立場に立ってお店つくりをしよう…言うのは簡単ですが実はなかなか実行は難しいことです。なぜならばお客様の立場とか、お客様目線とかいう言葉は主観的で定性的だからです。人によって思っていることや、感じることが異なるため、下手をするとお客様感覚ではなく、上長の感性に委ねるようなケースも発生します。このコンテンツでは5感の中で最も重要な、「視覚」を中心に人間の行動の法則や習性を学び売場作りに活かしていきます。お客様が視覚的に認識しやすい基礎を作り、単品の打ち出しは仕上げと位置付けます。お客様にとって「見やすく、わかりやすく、買いやすい」売場作りの基本をお伝えします。

STEP4.データを使った店舗運営~POSの正しい使い方~

リアル店舗は、ネットと異なり一定の面積の中で運用しなければなりません。限られた経営資源である売場は、すみずみまで有効利用することが重要です。一方で一等地、二等地といった売れる場所とそうでない場所が存在します。そのため売れる場所に力が偏って注がれ、そうでない場所にはなかなか力が入らない・・・といったケースも目にします。お店全体を使って生産性を高める為にはすみずみまで使い切るための販売計画の立案が重要です。上手くデータを活用して生産性の向上につなげます。

STEP5.自店の特性の明確化~競合店の数値化で特性検証~

お店の戦略を立てるためにはマーケットの分析が重要です。重要な三つの要素の1つめは「お客様情報」です。地域のお客様の情報のことで、国勢調査結果や市区町村で取得することができるデモグラフィック(定量)データや、地域特性などのサイコグラフィック(定性)データなどが代表例です。2つめは「自社情報」です。自分達の品揃えやお店の面積、設備、売上、利益などが代表例です。3つめは「競合情報」です。アイテム別の品揃えの幅、扱い単価の幅、商品量の奥行きなどが通例でしょう。一方で直接比較が感覚的になりやすいのが戦略面です。どの商品群を攻めていて何で差別化しようとしているのか?自分達の店は◯◯で特化しているつもりだが、実際にお客様に認知されているのか?競合状況を数値化し具体的に比較する方法をお伝えします。

STEP6.権限委譲でスタッフ活性化~販売計画立案~

お店のメンバ-1人1人にいかにして力を発揮してもらうか・・・ 店舗運営において非常に重要な要素でありますが、個々の能力差もあり、属人的になりやすいの傾向があります。重要なのは売場つくりのどの階層が決まっていることで、どの階層からが自分達が考えることなのかを明確化することです。店長クラスのメンバー向けに各店でどこで線引きするのがベストなのかを考え、実践を支援します。

STEP7.お店の特徴をお客様へ発信~販促・プロモーション~

理想を言えば、「地域のお客様からこう想われたい!」というイメージをお持ちですか?ここまでに自店の運営方法を考え、競合の分析もしてきたなかで、「このポイント自分たちの強みだ!」とか、「ここが良い所」だと打ち出したいというポイントが明確になっている筈です。そこをいかにして伝えていくか?伝わる形になっているかを確認していきます。運営側の思いが伝われば、お店のファンはどんどん増えていきます。

PageTop▲